about

- 折り鶴との歩み -
幼少期に折り紙と出会いました。それはたった1枚の紙で様々なものを表現することができます。その中でも特に興味を持ったものは折り鶴です。伝承折り紙の中でも最も知られているものではないでしょうか。折り紙は今では海を越えて知られる事も多くなりました。折り鶴には折り紙という造形美だけではなく、祈りの象徴でもあります。見えないものを見ようとする心や事物に念や魂を込めるということ、それらをあやかり支えとすること、日本古来から育まれてきたその様な直接的に目に見えない不思議で曖昧な感覚を自身の幼い頃に親しんできた折り紙、中でも過去から今の日本人へと伝承されてきた折り鶴と重ね合わせ、また、制作の手掛かりとして作品に落とし込みます。古来から受け継がれてきた価値を再確認し、そこへ新たな価値を再構築させていければと考えます。
遠い昔からの想いをのせ、時を越え現代の手によって創り上げられる作品が、観るものとの対話を通し、心を揺さぶる「なにか」が生まれることを信じています。言葉では説明しきれない感覚を、作品を通して表現できれば、また、通い合うことができれば幸いです。

- My Life With Oriduru -
Like most children in Japan, I was introduced to the world of origami paper folding at a young age. With just a single sheet of paper various forms can be expressed. I was particularly impressed by orizuru, the crane, which is the most well-known traditional origami form. Origami is known worldwide and has become quite popular. Orizuru is not only beautiful as an art form, but is a symbol of prayer in Japan.
From time immemorial, the Japanese people have been keen to some
invisible power in things in the natural world. We feel some objects have a soul, and we pray to them for peace, happiness, health, & etc. I’ve come to understand these feelings over the years while enjoying the process of folding origami figures, in particular the orizuru crane. While
folding orizuru I try to endow them with such feelings as hope or peace.
It is my wish to communicate with people through my art. I hope you can feel that soul or power when looking at my artwork, and feel peace and harmony with nature.


WebSite : http://naokionogawa.blogspot.jp
Mail : naoki.onogawa@gmail.com